営業事務だって、売上に貢献できる!

私は、なんとなく営業事務の仕事につきました。ハローワークに行き、最初に出てきた求人が営業事務だったのです。
「これでいっか」という何とも相手の会社にとっては失礼な決め方です。
でも、これがきっかけです。

そこから13年間、転職はしましたが営業事務として働いてきました。
負けず嫌いな性格と、お節介な性格がこの仕事にはまったようです。

何故か、私が配置される部署やセットにされる営業は、会社で一番できない営業ばかりでした。
その為、こういう人の成績を上げたいというのと、お世話をしたい気持ちにかられ、あの手この手でがんばってきました。
その営業さんの得意分野が何かを考え、その人にはそれに専念してもらえるように調整します。そして、営業さんの苦手分野を私がやります。
大抵苦手分野は、資料作成や細かい作業、そしてスケジュールの組み方でした。
それを営業さんのプライドが傷つかないように調整し、売上万年ビリの営業がトップになったこともあります。
上司には私の貢献も認められ、表彰されました。

営業事務はルーチンワークでつまらないと思っている人がいたら言いたいです。
努力しなければルーチンワークだけど、努力すればどうにでもなる職です。