新規顧客の開拓の苦労について

私は、営業職をしていた経験があります。その際に、新規顧客の開拓を主に行っていました。営業の仕事をしていたのですが、ルート営業もありましたが、それと同時に新規顧客開拓をしなければならなかったのです。
こちらの新規顧客の開拓は、ルート営業よりもやはり大変でした。こちらの会社は、直接での飛び込み営業を個人宅に行う会社だったので、玄関のチャイムをおして、営業をする必要がありました。
私は、元々人と話すことが得意ではなかったですし、自分が自宅で営業をされることに抵抗があったので、最初はかなり抵抗がありました。
それほどぞんざいに断られることはなかったのですが、ほとんどが迷惑そうな感じだったので、自分は何をしているのだろう…と思ってしまうこともありました。
会社にやり方に疑問を感じてしまったりしたこともありますし、結果に結びつかなくても、また繰り返し営業活動をしなければならないので、成果が見えないときは、仕事そのものが嫌になりました。